Diagnosis

Overview

設備診断概要

火力発電設備は高温、高圧及び腐食ガス等の過酷な環境下で使用されている為、経年劣化に伴う損傷が発生します。損傷の進行により、大きなトラブルが発生した場合はボイラ停止となり、プラントに多大な影響が出ます。

設備の信頼性を維持しつつ長期間の安定運転継続を行うには、機器の更新や補修といった保守管理が必要不可欠になります。

ボイラ停止時にVT(目視検査)にて設備診断を実施する事で不具合の早期発見により、適切な処置が可能となりメンテナンスコストを低減する事ができます。また、経年的に監視を続ける事で各ユニットの損傷傾向や弱点部位を把握し、最小コストで保守管理を行う事が出来ます。

Target device

ボイラ本体 蒸発管
過熱器官パネル
再熱器官パネル
節炭器官パネル
ケーシング
風煙道 ダクト
伸縮継手
蒸気式空気予熱器(SAH)
空気予熱器(GAH)
ダンパ

Diagnostic procedures

資料による事前調査
(対象機器の構造確認、補修履歴の確認)

新長崎製作所

調査資料作成

新長崎製作所

現地調査

新長崎製作所

仮報告書(速報)による報告会を実施

新長崎製作所

点検報告書提出

Case

設備診断事例

ボイラチューブ更新工事

ボイラチューブ更新工事_工事前

Before construction work

ボイラチューブ更新工事_工事後

After construction work

チューブ インナーUT検査 犠牲菅切断・復旧

チューブ インナーUT検査 犠牲菅切断・復旧_工事前

Before construction work

チューブ インナーUT検査 犠牲菅切断・復旧_工事後

After construction work

蒸気式空気予熱器(SAH)

蒸気式空気予熱器(SAH)_工事前

Before construction work

蒸気式空気予熱器(SAH)_工事後

After construction work

金属製伸縮継手

金属製伸縮継手_工事前

Before construction work

金属製伸縮継手_工事後

After construction work

GAH エレメント

GAH エレメント_工事前

Before construction work

GAH エレメント_工事後

After construction work

吸気(FDF)サイレンサ

吸気サイレンサ_工事前

Before construction work

吸気サイレンサ_工事後

After construction work

Product category

boiler

pressure-resistant-parts

heat-exchangers

expansion-joints

duct

gas-tarbine

others

TOP